時間のパッチワーク

基本、キルトブログですが、それ以外の事も時々、あります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
舞台 :: 2012/03/30(Fri)

祝 『Endless SHOCK』 通算900回  3月30日

         おめでとうございます。

そして昨日、3月29日は、今年の公演回数100回を迎えられたそうで、

・・・ほんとに凄い事よね。

市川猿三郎さん、今年も観劇の感想を書いて下さってます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/enzaburou/36143077.html

  もうね、読んでて泣きそうだった。しかも、博多座でSHOCKの痕跡を感じておられたりして
  なんというか・・・
  4回目の観劇にして前回との違い、変更点をチェックされているあたりは、
  ほぼ・・・FAN目線ですな
   

そのほか、今年博多座1ヶ月、帝国劇場3ヶ月というロングラン公演の為か

初めての方も含め、沢山の観劇後の感想が聞けてとても嬉しいです。

しかし、あまりにもこの過酷な舞台・・・

FANとしては、

来年はもうちょっと減らしませんか?と言いたくなるぞ~

あははは~

でも、そんな事は気にせず、楽しんで欲しい。という座長の気持ちも解るし

だからこそ・・・全身全霊をかけて毎日臨んでおられるのだし、

何よりも、”SHOCK"カンパニーと充実した毎日、舞台を楽しんでおられる座長を

見ていられるのが、FANとしても嬉しいことで・・・ん~どっちなんだ~い!


何気に思ったのが、どなたかのブログ様で呼び名を検証されていて

観劇以前は、だったかな? ”ちゃん”だったり ”君”だったりしてたものが

”さん”になって、ぜ~ったい ”呼び捨て”には出来なくなった・・・

というのを拝見して、同じ気持ちだ~!と思いました・・・とさ


残り何公演?39公演?だっけ?

4月はとりあえず週に一日の休演日は設定されているようですが、

座長は休めるのかえ?

休んでちょ!食べてちょ!

そして ”無理して頑張れ!”光一さんの言葉。

千秋楽、無事カンパニー全員で着地して下さる事を心より願っております。

              120329_102902.jpg





  ※堂本光一さんのFANでもなんでも無い方へのプチ情報♪


   『Endless SHOCK』という舞台の事

     物語の舞台はニューヨーク、ブロードウェイ。
     ”Show must go on"(ショーは続けなければならない)をテーマとし、 
     ”走り続ける事の意味”を問うもの・・・です。

     2005年に『Endless SHOCK』となってからは
     作・構成・演出・脚本・音楽のすべてに光一さんの意見が反映されてます。
     というか(笑)
     この舞台は、光一さん自身が考えた事にキャスト、スタッフで意見交換して
     作り上げてる舞台なので、東宝の演出補さんはついておられるものの、
     特別な演出家、振付師はいない・・・といっても過言ではないでしょう。
     
     今年、2012年、舞台の時間短縮にあたってワンシーンの音楽を変更するにあたり
     光一さん自らが考え、振付師トラビス・ペインさんにその一曲の振り付けを
     オファーしたのだそうです。

     あ!良く言われる事なんだけど、
     決してコンサートでは無いので、キャー!(笑)と言うことはありません。
     あはは~。



    ”丁寧に暮らそ”

             間に合った~! 長なった~~



    私信:れーしゃん様、観劇の時期が近づいて来ましたね?
       体調は如何ですか?
       楽しんで来て下さいね。




  
スポンサーサイト
  1. 堂本光一さんの事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。