時間のパッチワーク

基本、キルトブログですが、それ以外の事も時々、あります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
松本清張「球形の荒野」 :: 2010/11/30(Tue)

今日、録画しておいた
「球形の荒野」を見た。
松本清張作品


戦後、東京オンリンピックを前にして盛り上がる日本で、ひとつの殺人事件がおこる。
その事件の背景にあるものとは・・・

昔からなにかと本を読む事が多かった。その割には文才が無いけど、お許しあれ(笑)
勉強は嫌いだったから(笑)

祖母の影響か?記憶は定かでは無いけれど・・・

「ビルマの竪琴」竹山道雄作は勧められた、今でも覚えている。
その後、SFファンタジー物だとか、片岡義男だとか、最近では内田康夫作品・・・浅見光彦シリーズ・・・好き(笑)

あと「火車」作家、誰だっけ、ど忘れ(笑)…宮部みゆきだった。
上橋菜穂子の「守人シリーズ」も好き。

そして「人間の証明」・・・森村誠一作品
好きで、原作を読み、映画も見た。松田優作主演、ジョー山中の主題歌も好きだった。

前置きが長くなったけれど(笑)「球形の荒野」を見てて・・・「人間の証明」を思い出した。

登場する刑事の人物像を見てて、「人間の証明」の棟居刑事を思い出した。

なんて言うんだろう・・・こんな時、文才のなさを痛感するのだが・・・
小さい頃、若い頃の、言葉では言い表せない辛い過去を抱えている「刑事」を通して、
戦時中の日本、戦後の日本に生きなければならなかった人を描いている、とでも言うのかな。


「翳りを帯びた人物像・・・多くを語らず、遠くなにかを見つめている人。」


そんな人に憧れているのかな?昔から。
「人間の証明」の映画化って、私、中学生(笑)1977年だって。松田優作さん、好きだったな。
「球形の荒野」の田村正和さん、渋い大人の魅力。変らない。その時々での魅力がある。

で、ここで思い浮かぶんだよね、「堂本光一」って言う人。
TV画面を通してでは、解らないであろう、この人の本質。辛い時期を乗り越え、強くならなければ
いけなかったであろうこの人の生き様。

頭の回転が早く、物事の全体像を見極め、客観視の出来る人。

何でそこに繋がるのって聞かれても、わかりませんっ!(笑)思いだしたんだもん(笑)
因みに、グループのFANではありません(笑)

って、ごめんなさい。
今、シルバースォードのキルティングを進めています。忙しいのに(笑)
針をもっていると、「落ち着く」の。

                   シルバースウォード7
                   
仕事も大事、家事も大事、でも自分の時間も大事。ってね(笑)
                    シルバースォード


秋の夜長、本も読みたくなってきたな~・・・順番待ちしている本もあるんだけどね(笑)


眠れない夜。起きれない朝(笑)






スポンサーサイト
  1. シルバースウォード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。